EYとMicrosoft、脱炭素化およびESGデータソリューションの開発で提携

EYとMicrosoft、脱炭素化およびESGデータソリューションの開発で提携

10月21日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるEYとハイテク企業であるMicrosoftは、クライアントの業務上の脱炭素化やネット・ゼロ目標の支援を目的としたESGデータ管理ソリューションの開発に関する提携を拡大することを発表した。

本提携は、EYとMicrosoftの両社が、サステナビリティと気候変動に焦点を当てた独自の機能およびソリューションを顧客向けに構築するために行われたものだ。Microsoftは昨年、Software as a Service(SaaS)ツールにより、企業がより簡単かつ効果的に排出量を記録、報告、削減、交換できるようにすることを目的としたCloud for Sustainabilityを発表した。今年初め、Microsoftは、クラウド・フォー・サステナビリティの一般提供を発表し、データ・インテリジェンスを統合した新しいソリューションであるサステナビリティ・マネージャーとの統合を発表した。

EYは、昨年発表した一連のサステナビリティ目標の一環として、クライアントが収益性の高い脱炭素ビジネスを実現するためのサービスやソリューションに投資し、その他のサステナビリティの課題や機会に対する解決策を提供することを誓約している。EYの気候変動・サステナビリティサービス(CCaSS)プラクティスは、2,500人を超える様々な分野の専門家を抱え、気候変動やその他のサステナビリティ問題から生じるリスクと機会を企業が理解し管理できるよう支援している。

EYとMicrosoftによると、拡大したアライアンスは、炭素の追跡と報告の改善、炭素のバリューチェーン追跡の促進、炭素回収事業を支援するエンタープライズ炭素管理ソリューションの開発などの分野に注力し、炭素やその他の重要なESG領域についてより情報に基づいた意思決定、財務分析、外部報告を促進する予定である。

【参照ページ】
(原文)EY and Microsoft announce expanded alliance to help businesses achieve net-zero goals
(日本語訳)EYとマイクロソフト、企業のネット・ゼロ目標達成に向けた提携拡大について発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る