国連環境計画、今後10年間でメタン排出量を削減するための緊急措置を講じる必要性を喚起

国連環境計画、今後10年間でメタン排出量を削減するための緊急措置を講じる必要性を喚起

国連環境計画(UNEP)および気候と大気浄化の国際パートナーシップ(CCAC)が発表した「世界メタン評価」によると、人為的に発生するメタンの排出量は、今後10年間で最大45%削減可能なことがわかった。これが実現されれば、2045年までに地球温暖化による気温の上昇を0.3℃近く緩和することができ、世界の気温上昇を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標を達成できることになる。

【参照ページ】 国連環境計画、今後10年間でメタン排出量を削減するための緊急措置を講じる必要性を喚起

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る