CCC、スコットランドの気候目標が「危機に瀕している」と指摘

CCC、スコットランドの気候目標が「危機に瀕している」と指摘

12月7日、気候変動委員会(CCC)は、スコットランドの進歩がここ数年停滞していると指摘した。スコットランドは2045年にネット・ゼロの目標を設定し、2030年までに排出量を75%削減するという目標を掲げていた。これは、10年後までに68%の削減を目指す英国よりも野心的な目標であった。

しかしCCCは、スコットランドが2009年の気候変動法に明記された11の目標のうち7つを達成できていないと主張している。また、直近の2020年の目標達成は、パンデミックによって輸送機関の排出量が減少したためであり、今後数年間は再び上昇すると主張している。

CCCは、スコットランド政府に対し、目標をより達成しやすいものにするため、目標を引き下げるよう求めている。現在の目標は「極めて困難」であり、目標を達成するための十分な政策がとられていないとしている。

一方で、スコットランド政府は、目標設定以来、すべての分野で進展があったことを強調している。

【参照ページ】
(原文)Scotland’s climate targets are in danger of becoming meaningless
(日本語参考訳)CCC、スコットランドの気候目標が「危機に瀕している」と指摘

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る