EcoVadis、サプライチェーンにおける排出量のホットスポットを特定するツールの提供を開始

EcoVadis、サプライチェーンにおける排出量のホットスポットを特定するツールの提供を開始

3月14日、企業のサステナビリティ評価プロバイダーであるEcoVadisは、サプライチェーンにおける炭素のホットスポットを特定し、対処することを目的とした新しい排出リスクマッピングツール、Carbon Heatmapの提供を開始した。

本ソリューションは、企業がサステナビリティへの取り組みの焦点をサプライチェーンに移す傾向が強まっていること、また、新たな規制や開示制度により、企業がスコープ3のバリューチェーン排出量を報告し、対処することが求められていることから生まれた。しかし、EcoVadisによると、サプライチェーンの可視性の欠如は、多くの企業で排出量削減目標を加速させる上で重要な障害となっている。

新ソリューションは、世界中の14,000以上の報告組織と公的データベースに基づくGHG排出量データのリポジトリと、組織固有の支出および重要度のデータを組み合わせることで、企業のバリューチェーン全体にわたる包括的な炭素排出量リスクの計算を行い、GHGパフォーマンスの改善や排出量削減戦略のための「ホットスポット」を特定するものである。

主な機能として、支出および重要度データによるサプライヤーのプロファイリング、各サプライヤーの炭素排出リスク計算スコア、国、産業、排出源などの要素による炭素排出リスクのマッピング、各サプライヤーへのカスタマイズ推奨事項がある。

【参照ページ】
(参考記事)New EcoVadis Carbon Heatmap Accelerates the Supplier Decarbonization Journey

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る