欧州議会、企業取締役会のためのジェンダー・バランス法を採択

 

11月22日、欧州議会は、企業取締役会のジェンダーバランス規定を義務付ける新法を正式に採択し、新要件の法制化に向けた最後の大きな一歩を踏み出した。

新法は、EU全域の大手上場企業の取締役会において、ジェンダーバランスの確立、任命の透明性や客観性の向上を目的としている。

欧州男女共同参画研究所(EIGE)の調査によると、EUの大学卒業生の約60%が女性である一方、企業の取締役会での女性の割合は著しく低く、取締役全体の31.5%、取締役会長の8%に過ぎない。

新法案では、2026年半ばまでに、上場企業の非業務執行取締役に占める女性の割合を40%、全取締役に占める女性の割合を33%にすることが義務付けられている。

また、取締役会の男女比率と目標達成のための施策について、毎年の報告が義務づけられる予定である。

【参照ページ】
(参考記事)EU adopts laws to enure more women are appointed to company boards

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る