Blue Frontier、Breakthrough Energyの支援を受け約26.5億円を調達

ビル・ゲイツ氏率いるBreakthrough Energyが、サステイナブル空調の新興企業Blue Frontierを支援

7月28日、持続可能な空調技術を提供する Blue Frontierは、シリーズA資金調達ラウンドで2,000万ドル(26.5億円)の調達を発表した。本資金は、製品の市場投入を加速させ、10億トンの温室効果ガス排出を削減するという同社の目標を支援することを目的としている。

同ラウンドは、ビル・ゲイツが設立したBreakthrough Energy Ventures、2150 Urban Tech Sustainability Fund、VoLo Earth Venturesが主導し、ブルーフロンティアの商業化パートナーであるモダン・ナイアガラも参加している。

Blue Frontier によると、空調設備は世界の温室効果ガス(GHG)排出量の5%を占めており、現在の空調設備では、CO2の2,000倍もの温室効果ガスを発生させる冷媒が使用されている。また、現在の空調システムは大量のエネルギーを消費しており、空調システムは世界中の建物で最も急速に増加している電力使用量となっている。

Blue Frontierは、米国エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)で開発された技術を活用し、地球温暖化係数(GWP)冷媒を使用せず、また、最もクリーンで低コストの時に電気を蓄え、ピーク需要の抑制を可能にする。また、電力使用量を最大90%削減することができる。

Blue Frontierは、今回の資金調達により、ビル冷房の脱炭素化により温室効果ガス排出量を1ギガトン削減するという目標に向け、さらに前進することができると述べている。商業施設での試験的な導入は、2022年後半に予定されていいる。

【参考ページ】
(原文)Air conditioning is a climate disaster and Bill Gates is investing in this startup to fix it
(日本語訳)Blue Frontier、Breakthrough Energyの支援を受け約26.5億円を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る