DSM、気候変動に関する目標を加速、2030年までに再生可能エネルギー100%を約束

DSM、気候変動に関する目標を加速、2030年までに再生可能エネルギー100%を約束

8月2日、栄養・健康・持続可能な生活企業であるRoyal DSMは全世界の電力を100%再生可能エネルギーから購入することを誓約するなど、2030年の気候目標を加速させることを発表した。

新たな再生可能電力100%目標は、2019年に設定した75%目標を更新するものだ。DSMは、オランダと北米の事業全体で100%を含め、当初予想より8年早く77%の再生可能エネルギー電力を達成したと表明している。

DSMは昨年、気候変動に関する目標の更新を発表し、2030年までに排出量を従来の30%から半減させるという目標を掲げている。今回の発表により、これまでの進捗を考慮した上で、59%の削減を目指すことになる。DSMは、Science Based Targets initiative (SBTi)による審査を受けるため、計画を提出したと発表している。

間接的なバリューチェーンにおいて、DSMは、GHG排出量の相対的な強度目標から絶対的な削減目標に移行すると表明した。正確な目標は現在確定しており、2023年のSBTiで検証を提案する予定だ。

【参照ページ】
(原文)DSM sets new climate targets to accelerate route to net-zero
(日本語訳)DSM、ネットゼロへの道を加速するため、新たな気候目標を設定

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る