米大豆サステナビリティ認証(SSAP)、FEFAC大豆調達ガイドライン2021の認証を取得

米大豆サステナビリティ認証(SSAP)、FEFAC大豆調達ガイドライン2021の認証を取得

12月12日、アメリカ大豆輸出協会(USSEC)は、同団体の大豆サステナビリティ認証「大豆サステナビリティ認証プロトコル(SSAP)」が、欧州配合飼料製造者連盟(FEFAC)が2021年2月に改訂した「FEFAC大豆調達ガイドライン(2021)」に対する厳格な独立したベンチマークに合格したことを発表した。

この認証により、EUをはじめとする27カ国のバイヤーに、SSAPの下で購入された米国産大豆が責任を持って生産された大豆のFEFAC基準を満たす、あるいは上回るという信頼性を継続的に提供することになる。

世界中の顧客にとっても同様で、SSAPは責任ある大豆生産のための信頼できるベンチマークであることを継続的に証明している。今年初め、SSAPはオリンピック・パラリンピック東京2020組織委員会の農産物の持続可能な調達コード、グローバル・シーフード・アライアンスのベスト・アクアカルチャー・プラクティス、消費財フォーラムの持続可能な大豆調達ガイドラインを満たしていると認定された。

SSAPはまた、持続可能な農業の実践を拡大し、改善するための継続的なコミットメントを表している。米国の大豆農家は、収穫量を最大化し、大気中の炭素を回収し、土壌、水、その他の貴重な天然資源を保護するために、被覆作物、輪作、保全耕起などの手法を採用し、持続可能性に関する基準を高め続けている。また、精密農業機器、データ分析、ドローンなどのテクノロジーの進歩も、より持続可能な農業を支えている。

【参照ページ】
(原文)U.S. Soy Sustainability Assurance Protocol (SSAP) Secures FEFAC Soy Sourcing Guidelines 2021 Certification
(日本語訳)米大豆サステナビリティ認証(SSAP)、FEFAC大豆調達ガイドライン2021の認証を取得

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る