マッキンゼー、脱炭素化技術の拡大支援プラットフォームを開始

マッキンゼー、脱炭素化技術の拡大支援プラットフォームを開始

4月8日、マッキンゼー・アンド・カンパニーは、「McKinsey Platform for Climate Technologies(MPCT)」の立ち上げを発表した。新しいプラットフォームは、炭素集約型の製品・サービス・システムを変革する重要なテクノロジーの計画・実行・導入拡大に焦点を当て、クライアントを支援する。

MPCTが焦点を当てる10種類の主要な産業用脱炭素化技術には、水素、バッテリーとエネルギー貯蔵、サステナブル燃料、炭素の回収・使用・貯蔵、炭素の除去、自然資本と自然、グリーンビルディング、再生可能エネルギー、循環技術、代替タンパク質とサステナブル農業が含まれている。

MPCTは、マッキンゼーが昨年立ち上げたイニシアチブ「マッキンゼー・サステナビリティ」の一部となり、2050年までのネットゼロ達成・2030年までの炭素排出量半減を目標に、あらゆる業界のクライアントの変革を支援する。

【参照ページ】
(原文)McKinsey launches new climate technology effort to accelerate decarbonization
(日本語訳)マッキンゼー、脱炭素社会の実現に向けた新たな気候変動技術への取り組みを開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る