IBMサーベイ:サステナブル企業への就職希望者の増加を明らかに

IBM調査、サステナブル企業への就職希望者の増加を明らかに

4月13日、世界的なテクノロジーとビジネスサービスのプロバイダーであるIBMが新調査の結果を報告した。本調査によると、従業員がサステナブル企業に就職を希望し、仕事を受ける傾向が強くなっている。

調査結果は、IBMのInstitute for Business Value(IBV)研究の一環として発表され、サステナビリティに関する消費者と従業員の意見を調査した。調査は、10カ国の16,000人以上から回答を得ており、雇用から消費、投資まで幅広いトピックをカバーしている。

本調査では、環境に配慮したサステナブル企業への応募・受け入れ意欲が高まっており、回答者の67%が「サステナブル企業の求人に応募したい」、68%が「サステナビリティ関連の部門に就きたい」と回答。昨年転職した人の35%がサステナブル企業へ転職し、34%がサステナビリティへの取り組み結果に直接影響を与える仕事に就いている。

また、過去1年間に転職した人のうち、約3人に1人が、サステナブル企業や社会的責任のある企業で働くために低い給与を受け入れていた。

調査結果から、サステナビリティは人材の優位性を生み出すのに役立つ一方で、「現在の雇用主をサステナブルだと思う」と回答したのはわずか21%で、企業にとってリスクを生む可能性も明らかになった。

【参照ページ】
(原文)IBM Global Consumer Study: Sustainability Actions Can Speak Louder Than Intent
(日本語訳)IBMサーベイ:サステナブル企業への就職希望者の増加を明らかに

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る