BlackRock、Daimler、NextEra、約892億円を投じてトラック用EV充電ネットワークを立ち上げ

BlackRock、Daimler、NextEra、約892億円を投じてトラック用EV充電ネットワークを立ち上げ

4月27日、Daimler Truck North America(DTNA)、NextEra Energy Resources、BlackRock Alternativesの3社は、再生可能電力株式投資プラットフォームのBlackRock Climate Infrastructureが運営するファンドを通じて、商用車向けの全米規模のEV充電ネットワークを開発・運営する新しい合弁会社の「Greenlane」を発表した。

この充電インフラ事業の立ち上げは、企業が脱炭素化の取り組みの焦点をバリューチェーンに移す傾向が強まっていることを背景としている。バリューチェーンにおける排出量の大きな割合を占めるのが輸送であり、荷主は、バイデン政権が最近提案した今後数年間のトラックからの厳しい排出量削減を含む、排出量削減のための規制圧力に直面すると予想される。

両社は、2022年初頭に合弁会社を開発する計画を発表しており、電気トラックの普及を可能にするため、商用車向けの公的に利用可能な全国規模の充電インフラの必要性に対処することを目的として、6億5000万ドル(約892億円)以上の資金をコミットしている。

Greenlaneは、ゼロエミッションの公共充電および水素供給施設のネットワークを、東海岸と西海岸、テキサス州の重要な貨物輸送ルート上に構築し、設計、開発、設置、運営する。

同社はまず、中型および大型のバッテリー電気自動車に焦点を当て、後に燃料電池トラック用の水素燃料供給ステーションを追加する予定である。両社は、本合弁会社は将来的に小型車へのアクセスを拡大する計画もあると述べている。

また、両社は、Greenlaneの最初の拠点が南カリフォルニアにあることを発表し、複数の貨物ルートにおける追加拠点の取得と、フリートマネージャー、ディスパッチャー、ドライバー向けのカスタム商用車予約プラットフォームの開発にも取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)Introducing Greenlane: Daimler Truck North America, NextEra Energy Resources and BlackRock Forge Ahead with Public Charging Infrastructure Joint Venture
(日本語参考訳)グリーンレーンを紹介します: ダイムラー・トラック・ノースアメリカ、ネクステラ・エナジー・リソーシズ、ブラックロックが公共充電インフラの合弁事業を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る