PRI、ハイテク・ソフトウェア企業向けにGHG会計ガイダンスを発表

7月17日、国連責任投資原則(PRI)が支援するプライベートエクイティ向けの気候変動イニシアティブであるInitiative Climat International(iCI)は、ERMと共同で、ソフトウェア企業がスコープ3排出量と呼ばれる間接的またはバリューチェーン上の温室効果ガス(GHG)排出量を算定するための新しいガイダンス文書を発表した。本基準は、非上場企業やソフトウェア企業のESG専門家を支援するために設計された。

本ガイダンスは、GHGプロトコル企業バリューチェーン(スコープ3)基準に基づいており、目標設定のための科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)の会計要件に沿ったものである。単なる炭素会計にとどまらず、ソフトウェア部門に特有かつソフトウェア会社がスコープ3のGHG排出量を特定・報告できるように作成された。

本ガイダンスは以下の分野をカバーしている。

  • GHG会計と報告のためのガバナンス体制の確立
  • ヒートマップや材料分類の推奨を含む、スコープ3の炭素会計
  • 科学に沿った目標設定と、業界のパートナーがすでに行ったコミットメントの概要
  • 開示要件と報告の傾向
  • 中小企業から多国籍ソフトウェア企業までの炭素削減の取り組みと実践例
  • 投資家が経営陣と関わり、ソフトウェア会社がサプライヤーやパートナーと関わるための論点

【参照ページ】
(原文)Initiative Climat International publishes new guidance on GHG accounting for tech and software companies
(日本語参考訳)PRI、ハイテク・ソフトウェア企業向けにGHG会計ガイダンスを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る