TotalEnergies、Le Mans24時間レースの全車両に100%再生可能な燃料を供給

TotalEnergies、Le Mans24時間レースの全車両に100%再生可能な燃料を供給

6月10日、TotalEnergies(トタルエナジーズ)は、100%再生可能な燃料で各車が走行する史上初のモータースポーツ耐久レース「Le Mans(ル・マン)24時間レース」への燃料供給を発表した。

レース車両は、トタルエナジーズが最近発表した燃料「エクセリウム・レーシング100」を使用する。このゼロオイル燃料は、ワイン産業から出るワイン粕やブドウかすなどの農業廃棄物を原料として製造され、フランスのリヨン近郊にあるトタルエナジーズのフェイザン製油所で製造されるエタノールの副産物であるETBEとブレンドされたものである。トタルエナジーズによると、Excellium 100はライフサイクル全体で65%以上のCO2排出量削減を実現するとのことだ。

トタルエナジーズはまた、今年のル・マンで、ロード・トゥ・ル・マンのサポートレースに参加する新しい水素プロトタイプを供給するために、移動式水素充填ステーションを配備する計画についても概説した。

【参照ページ】
(原文)All 24 Hours of Le Mans Race Cars to Use 100% Renewable Fuel Produced by TotalEnergies
(日本語訳)ル・マン24時間レースの全車両にトータルエナジー社が製造する再生可能エネルギー100%の燃料を使用することに決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る