エネルギー会社Ørsted、2025年までに全サプライヤーに再エネ100%使用を義務付け

Ørsted、2025年までに全サプライヤーに再生可能エネルギー100%使用を義務付け

8月10日、エネルギー供給会社であるØrstedは、2025年までにすべてのサプライヤーに対して、同社に製品やサービスを提供する際は使用電力を100%再生可能エネルギーにすることを要求し、このような目標を設定する世界初のエネルギー会社になったと発表した。

新しい取り組みは、2040年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを達成するという同社の目標を支えるものである。Ørstedは、2020年に2040年のネット・ゼロ目標を発表し、昨年、エネルギー企業として初めて、Science Based Targets initiative(SBTi)のネット・ゼロ・スタンダードの下で目標を認証された。

【関連記事】SBTi、企業のネット・ゼロ目標を評価・認証する規格を発表

2020年のネット・ゼロ・イニシアティブの開始とともに、Ørstedは、風力タービン、基礎、変電所、ケーブルの製造など、同社のサプライチェーンの中で最も炭素集約度の高いカテゴリーの戦略的サプライヤーを主な対象とする、サプライチェーン脱炭素化プログラムを開始した。戦略的サプライヤーは、Ørstedの調達費用の約50%を占めている。

同プログラムを開始して2年が経過し、同社は、関係するサプライヤーの大半がすでに100%再生可能エネルギーによる電力使用を採用していることを明らかにした。

今回の発表では、再生可能エネルギー100%への移行要件をすべてのサプライヤーに拡大し、部品の製造、輸送、再生可能エネルギー資産の設置・運用などの分野に関連するサプライチェーンの排出に対応できるようにした。

同社は、サプライヤーがオンサイトの再生可能エネルギー電力資産への投資、再生可能エネルギープロジェクトと結びついたPPAの締結、または再生可能エネルギー電力証書の購入により、電力使用量を再生可能エネルギーで賄うことを期待している。

Ørstedは、サプライヤーが最適なソリューションを選択できるよう、再生可能エネルギー電気のガイドラインでサポートすると述べている。

【参照ページ】
(原文)Ørsted extends its 100% renewable electricity target to all suppliers
(日本語訳)オーステッド社、再生可能エネルギーによる電力100%目標を全サプライヤーに拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る