BASF、SABIC、LINDE、電気加熱蒸気分解炉の実証プラント建設で最終段階に到達

BASF

9月12日、化学大手独BASF、石油化学大手サウジ基礎産業公社(SABIC)、化学大手英LINDEは、世界初の電気加熱式蒸気分解炉の実証プラントを建設する3社の共同プロジェクトが最終段階に到達したと発表した。

本プラントの完成は2023年末の予定で、その後段階的に試運転が行われる。

将来本プラントでテストされる予定のオレフィン生産用の電気ベースの加熱コンセプトには、合計6メガワットの再生可能エネルギーが必要である。今回、最終段階として設置した9つの変圧器は、それぞれに数千アンペアの電流が流れる。

天然ガスの代わりに再生可能エネルギーによる電力を使用することで、最もエネルギー集約的な生産プロセスのひとつである電気加熱式蒸気分解炉は、従来の技術に比べてCO2排出量を少なくとも90%削減できる可能性がある。

実証プラントは、ドイツのルートヴィヒスハーフェンにあるBASFのフェルブント工場にある既存のスチームクラッカーのひとつに完全に統合される。

【参照ページ】
(原文)BASF, SABIC AND LINDE REACH FINAL STEPS IN THE CONSTRUCTION OF THE DEMONSTRATION PLANT FOR ELECTRICALLY HEATED STEAM CRACKERS
(日本語参考訳)BASF、SABIC、LINDE、電気加熱蒸気分解炉の実証プラント建設で最終段階に到達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る