投資顧問会社Nuveen、ネット・ゼロ移行ファンドで主要排出国をターゲットに設定

投資顧問会社Nuveen、ネット・ゼロ移行ファンドで主要排出国をターゲットに設定

6月24日、投資顧問会社Nuveenは、気候変動に特化した新しいファンドを立ち上げ、気候変動のリーダーや破壊的な技術ソリューション、および実際の排出量削減の機会を提供する高炭素排出企業への投資を発表した。

Nuveen Global Net Zero Transition ETF (NTZG)は、スチュワードシップとエンゲージメントを通じてポートフォリオの炭素排出量を削減しながら、長期的に良好なパフォーマンスの提供を目指す戦略を採用している。

Nuveenは、ネット・ゼロ・スチュワードシップ・アプローチは、ポートフォリオの中で最も炭素排出量の多い企業に焦点を当て、企業の排出量削減達成をより近づけるものであると述べている。本アプローチの主な要素には、気候戦略への期待を確立するための企業とのコミュニケーション、戦略の強化の推奨、目標に対する進捗のモニタリングなどが挙げられる。

新しいETFは、二酸化炭素排出量の削減に焦点を当てながら、MSCIオールカントリー・ワールド・インデックス(ACWI)をアウトパフォームすることを目指す。

【参照ページ】
(原文)Nuveen launches carbon-transition ETF
(日本語訳)投資顧問会社Nuveen、ネット・ゼロ移行ファンドで主要排出国をターゲットに設定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る