Crédit Agricole、TotalEnergiesから約395億円の再生可能エネルギー・ポートフォリオの50%の株式を購入

Crédit Agricole、TotalEnergiesから約395億円の再生可能エネルギー・ポートフォリオの50%を購入

2月3日、国際的な銀行・投資グループであるCrédit Agricoleの保険子会社であるCrédit Agricole Assurancesは、エネルギー大手TotalEnergiesからフランス国内234MWの再生可能エネルギープロジェクト・ポートフォリオの50%の株式を取得したと発表した。本買収により、ポートフォリオの価値は約3億ドル(約395億円)となる。

本買収は、 Crédit Agricoleが2022年12月にエネルギー転換ビジョンを発表し、グリーンエネルギーへの融資と投資の加速を支援し、Crédit Agricole Groupが再生可能エネルギー生産者になるための再生可能エネルギー資産の特定計画や、同社のエネルギー転換に関する行動と提供を調整し推進することを目的とした新しい事業部門の立ち上げを行ったことを受けたものである。

TotalEnergiesの資産ポートフォリオには、合計容量168MWの太陽光発電所23基と、合計容量67MWの風力発電所6基が含まれている。これらのプロジェクトのうち25件はすでに稼働しており、残りのプロジェクトは今年前半に稼働を開始する予定である。両社は、これらのプロジェクトにより、20万人分のエネルギーが供給され、30年間にわたり年間96,000トンのCO2排出が抑制されるとしている。

TotalEnergiesは、本買収によりプロジェクトのキャッシュフローを加速させ、投下資本に対するリターンを向上させることも可能になるとしている。

【参照ページ】
(原文)TotalEnergies fait entrer Crédit Agricole Assurances au capital d’un portefeuille de projets renouvelables en France
(日本語参考訳)トタルエナジーズがクレディ・アグリコル・アシュアランスからフランスの再生可能エネルギー・プロジェクトのポートフォリオの持分を取得

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る