世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2024」を発表

世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2024」を発表

1月10日、世界経済フォーラム(WEF)が毎年開催されるダボス会議のタイミングに合わせて、「グローバルリスク報告書2024」を発表した。調査はWEFの専門家メンバーによるアンケート「Global Risks Perception Survey(GPRS)」を基に行われ、今回が19回目の発表となる。

報告書によれば、今後10年で最も負のインパクトが大きいとされたリスクは以下の通りである。

  1. 異常気象
  2. ティッピング・ポイント
  3. 生物多様性喪失と生態系崩壊
  4. 天然資源枯渇
  5. 誤情報と偽情報

「異常気象」が例年通り最大のリスクとなり、2位まで気候変動に関連するリスクがランクインした。3位には生態系・生物多様性のリスクが入った。AIの進化により生じる誤報と偽情報も5位にランクインし、新たな課題として浮上した。

短期的なリスクに関するアンケートでは、首位から5位までが以下の通り。

  1. 誤情報と偽情報
  2. 異常気象
  3. 社会の二極化
  4. サイバーセキュリティ危機
  5. 国家間の武力紛争

特に、誤報と偽情報が首位となり、生活コストの上昇、AIの進化、社会の二極化、選挙における情報改ざんが原因とされた。

世界の安定に関する調査では、短期的には16%、長期的には9%の専門家が安定していると回答し、大半が今後10年間で世界が大きく変化すると予測している。同報告書では各国のエグゼクティブによるリスク評価も公開され、日本においては国家間の武力紛争、労働力不足、景気悪化、気候変動以外の自然災害、異常気象が順位付けされた。

【参照ページ】
(原文)Global Risks 2024: Disinformation Tops Global Risks 2024 as Environmental Threats Intensify
(日本語参考訳)2024年の世界リスク 2024年、世界のリスクは「偽情報」がトップ 環境の脅威が深刻化

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る