花王、サントリーホールディングス、ENEOSホールディングス、和歌山県と包括連携協定を締結

1月10日、花王、サントリーホールディングス、ENEOSホールディングス傘下のENEOSの3社は、和歌山県との連携を通じてサーキュラーエコノミー化と産業創出に向けた包括連携協定を締結したことを発表した。

和歌山県は2023年10月、地域の特性を考慮した「わかやま資源自律経済ビジョン」を発表し、産業創出や資源循環ネットワークの構築を目指している。今回の協定は、このビジョンの一環として実現された。

具体的な協力内容として、家庭での廃食用油からの持続可能な航空燃料(SAF)製造、連産品のバイオナフサを利用した製品製造、ペットボトルの水平リサイクル、使用済みPETなどを活用したアスファルト改質剤の製造などが挙げられる。

また、協定では使用済み食用油やペットボトルの回収・リサイクル、排ガスのカーボンリサイクル技術開発、和歌山産の再生製品ブランディングに向けた産学官連携ネットワークの構築、県民への啓発なども進められる予定である。これにより、地域資源の有効活用と持続可能な産業の育成が促進されることが期待されている。

【参照ページ】
和歌山県とENEOS株式会社、花王株式会社及びサントリーホールディングス株式会社が包括連携協定を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る