国際的エネルギー機関、世界洋上風力連合を発足

9月19日、 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)、 世界風力エネルギー会議(GWEC)、デンマーク政府は、世界の洋上風力発電設備容量を2021年の57GWから2030年の380GWまで670%増加させるため、世界洋上風力連合を発足したと発表した。

洋上風力発電は、世界のエネルギー転換を推進し、気候変動やエネルギー危機に対処するための膨大な潜在能力を秘めている。新しいマルチステークホルダーの連合である世界洋上風力連合は、世界の洋上風力発電の設置容量を2021年の57GWから2030年の380GWまで670%増加させることを目指す。

9月19日にデンマーク、米国などの政府、 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)、世界風力エネルギー会議(GWEC)、洋上風力産業の代表者がニューヨークで開かれた公開イベントで、洋上風力の潜在能力をいかに引き出すかについて議論が行われた。

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と国際エネルギー機関(IEA)の予測によると、世界の気温を1.5℃に抑えるという目標を達成し、2050年までにネット・ゼロを実現するためには、200万kWの洋上風力発電設備容量が必要とされる。しかし、世界の洋上風力発電の設置容量は2021年に57GWにとどまっている。

このため、IRENA、GWEC、デンマーク政府は、洋上風力導入のためのグローバルな推進力を構築することを目的としたグローバル洋上風力連合(GOWA)を新たに設立する。9/19の本イベントでは、GOWAを取り巻くパートナーが、アライアンスの野心とビジョンを発表し、官民からの新しいパートナーを招待した。

【参照ページ】
New global alliance taps into offshore wind’s enormous potential

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る