米国金融安定化監視委員会、気候リスク諮問委員会を発足

米国金融安定化監視委員会、気候リスク諮問委員会を発足

10月3日、米国金融安定化監視委員会(FSOC)は、金融システムに対する気候関連リスクの特定、評価、軽減について監視委員会を支援する目的で、気候関連金融リスク諮問委員会(CFRAC)を立ち上げることを発表した。

この新しい委員会の初期メンバーは、金融サービスの経営者、持続可能性開示の専門家、気候データのプロバイダー、学者、NGOなど、幅広いバックグラウンドの人々で構成されている。

FSOCは、米国の金融安定化に対するリスクを特定し、新たな脅威に対応することを任務としており、財務長官が議長を務め、連邦金融規制当局、州規制当局、保険専門家が参加している。FSCOのメンバーには、連邦準備制度理事会、証券取引委員会、連邦預金保険公社、連邦住宅金融公社のトップなどが名を連ねている。

同委員会の設立計画は、昨年、FSOCの「気候関連金融リスクに関する報告書」の一部として発表された。同報告書では、気候変動が米国の金融安定性に対する新たな脅威として認識され、その脅威に対処するため、シナリオ分析を用いた気候関連の金融リスクの評価、これらのリスクを考慮した新たな規制の必要性の評価、気候関連の情報開示の強化など、一連の連邦機関への提言がなされている。

CFRACの設立趣意書によれば、新委員会の目的は、「金融システムに対する気候関連リスクの特定、評価、軽減のための情報収集、分析、提言においてFSOCを支援すること」であるとされている。同委員会の責務には、金融システムに対する気候関連リスクに関する情報の収集と分析、情報のギャップや矛盾に対処する方法の特定と提言、リスクの特定・評価・軽減に関する提言が含まれる予定である。

【参照ページ】
(原文) Financial Stability Oversight Council Establishes New Climate-related Financial Risk Advisory Committee
(日本語訳)金融安定化監視委員会が気候関連金融リスク諮問委員会を新設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る