AccentureとAWSら、水資源管理データソリューションを提供開始

 

3月14日、Accenture、AWS、 Ecopetrolは、エネルギー企業の持続可能性と効率性の向上を目指したクラウド型の新しい水情報・管理ソリューションの提供開始を発表した。

3社が共同で開発した本ソリューションは、オープンプラットフォーム上に設置され、水処理へのアクセス・リサイクル・再利用、廃棄など水のライフサイクル全体に対応し、企業がCO2排出量ゼロと同時に水の中立性を追求することを可能にする。

本ソリューションは、単一のデータソースを作成し、既存のアドホックな情報をバリューチェーン全体の水量・水質分析およびコスト最適化につなげ、意思決定を支援する業界プラットフォームとなる。さらに、水管理を最適化するための分析を適用し、参加者がデータを共有し、業界内および業界間での水の再利用を促進するエコシステムを構築する予定だ。

本ソリューションでは、 Accentureの業界インサイトとAWSのクラウド機能を組み合わせる。また、Ecopetrolが捕捉する真水の量を削減し、精製・探査・生産資産における生産水と廃水の再利用を増やす方法について理解を深め、水のフットプリントを削減するのに貢献する。

【参照ページ】
(原文)Ecopetrol, Accenture and AWS Work to Help Companies Advance Journey to Water Neutrality Through First-of-its-Kind Open Platform 
(日本語訳)Accenture、AWS、 Ecopetrol、水資源管理データソリューションを提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る