Siemens、中小企業の脱炭素化を支援する120億円規模のプログラムを開始

 

3月10日、Siemensは、中小企業(SMEs)の脱炭素化目標および取り組みの推進・支援を目的とした、1億ドル(約120億円)の新たな資本プログラムを発表した。

Siemensによると、中小企業は米国経済の大部分を占めており、米国が世界の気候変動目標を達成する上で大きな影響力を持っている。Siemensの事業会社であるSiemens Smart InfrastructureとSiemens Financial Servicesが開始した本プログラムは、中小企業が独自の脱炭素化プログラムを進める上で直面する課題に対応することを目的としており、資本、コンサルティング・サービス、主要技術へのアクセスを提供するものである。

本プログラムに選ばれた企業は、Siemensの財務および技術の専門家チームと相談し、エネルギー効率化技術・代替再生可能エネルギー源・自動車充電インフラなど、Siemens Smart Infrastructureのサステナビリティを重視した製品・ソリューション・サービスを統合し、エンドツーエンドの脱炭酸ロードマップを個別に作成できるようになる。Siemens Financial Servicesは、一般的なプロジェクト規模が100万ドルから1,000万ドル(約1〜12億円)の範囲で、二酸化炭素削減戦略に対するさまざまな融資オプションを提供する。

【参照ページ】
(原文)Siemens Launches $100 Million Capital Program to Jumpstart Sustainability Journey for Small and Medium Sized Businesses
(日本語訳)Siemens、中小企業の脱炭素化を支援する120億円規模のプログラムを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る