Moody’s ESG Solutions、ESG評価手法を更新。透明性向上など目的

 

3月2日、Moody’s ESG Solutionsは、ESG評価手法の一連の改訂案について、顧客やその他の市場参加者から意見を求めるコンサルテーションの開始を発表した。提案には、評価する新しいESGサブカテゴリの追加・適用する業界のフレームワークの数の増加・ESGスコアリング手法の透明性の向上が含まれる。

Moody’s ESG Solutionsは、5,000社以上の大企業に対してESGスコアと評価を提供しており、数百の ESGデータポイントを網羅し、企業がステークホルダーや事業にとって重要なESG要素へのエクスポージャーをどの程度管理しているかを測定している。評価は、ESG要因が企業価値に与える影響と、企業活動の社会的・環境的影響を考慮するダブル・マテリアリティ・アプローチに基づいている。

今回の方法論の改訂では、ESG要因をより適切に加重して精緻に分析できるように、物理的気候リスク、サイバーおよびテクノロジーリスク、責任ある納税など、評価の対象となる新しいサブカテゴリーの導入や、業界の枠組みを40から51に増やすなどの変更が提案されている。また、Moody’sは、ダブル・マテリアリティ・アプローチの改良と、スコアリング手法の透明性を高めるためのESG評価をサポートするデータ構造の改良を提案している。さらに、Moody’sは総合的なESGグレードを追加し、ユーザーが企業の相対的なESGパフォーマンスを迅速に理解できるようにすることを目指す。

【参照ページ】
MOODY’S ESG SOLUTIONS PROPOSES ENHANCEMENTS TO ITS ESG ASSESSMENT METHODOLOGY

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る