GAMインベストメンツ、低炭素・エネルギー転換に特化したインフラ投資戦略を開始

 

3月10日、GAM Investmentsは、オーストラレーシアにおける新たな低炭素インフラストラクチャー戦略の立ち上げを発表した。同戦略は、低炭素・エネルギー転換インフラプロジェクトへのアクセスを提供する私募ファンドに投資し、中長期的な資本増価を目指す。

本戦略は、持続可能なインフラに対する需要の高まりによって急速に拡大するビジネスチャンスにアクセスすることを目的としている。GAMによると、インフラ投資型私募ファンド市場は、現在の約8,000億ドル(約94兆円)から2026年には1兆9,000億ドル(約223兆円)に拡大すると予測されている。COVID-19の流行による混乱、環境への懸念、ネット・ゼロ目標の支持などにより、自然エネルギーインフラへの投資拡大が必要になっている。

【参照ページ】
(原文)GAM LAUNCHES LOW CARBON INFRASTRUCTURE INVESTMENT STRATEGY
(日本語訳)GAM、低炭素・エネルギー転換に特化したインフラ投資戦略を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る