クリーンテックのスタートアップCarbon Upcycling、セメント脱炭素ソリューション展開に向け約37億円を調達

7月31日、カーボンテックのスタートアップであるCarbon Upcyclingは、2,600万ドル(約37億円)を調達したと発表した。シリーズA資金調達ラウンドの調達資金は、北米と欧州のセメント工場における初の商業規模の炭素回収・利用の展開を支援するものである。

2014年に設立されたカルガリーを拠点とするCarbon Upcyclingは、脱炭素化が難しい産業の脱炭素化を目指したソリューションを提供している。同社のオール電化ソリューションはCO2を無機化し、石炭、鉄鋼、ガラス生産工場、天然素材などの産業副産物と組み合わせることで、セメントやコンクリートなど、性能が向上し、排出量が少ない新素材を生み出す。

建築材料は、世界的なGHG排出の主な原因となっている。コンクリートの原料であるセメントの生産は、世界のCO2排出量の約8%を占めており、1000kgの原料を生産するごとに900kg以上のCO2が発生する。

Carbon Upcyclingは、建材会社のCRHとCEMEXとの間で、それぞれカナダと英国でのプロジェクトで、セメント工場での炭素回収と利用を統合した初のソリューションの商業展開が決定している。

CRH VenturesとCEMEX Venturesは、Clean Energy Ventures、Amplify Capital、Oxy Low Carbon Venturesとともに本資金調達に参加した。

【参照ページ】
(原文)Cemex increases its investment in innovative carbon tech company
(日本語参考訳)クリーンテックのスタートアップCarbon Upcycling、セメント脱炭素ソリューション展開に向け2,600万ドルを調達

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る