クリーンテックのスタートアップCarbon Upcycling、セメント脱炭素ソリューション展開に向け約37億円を調達

7月31日、カーボンテックのスタートアップであるCarbon Upcyclingは、2,600万ドル(約37億円)を調達したと発表した。シリーズA資金調達ラウンドの調達資金は、北米と欧州のセメント工場における初の商業規模の炭素回収・利用の展開を支援するものである。

2014年に設立されたカルガリーを拠点とするCarbon Upcyclingは、脱炭素化が難しい産業の脱炭素化を目指したソリューションを提供している。同社のオール電化ソリューションはCO2を無機化し、石炭、鉄鋼、ガラス生産工場、天然素材などの産業副産物と組み合わせることで、セメントやコンクリートなど、性能が向上し、排出量が少ない新素材を生み出す。

建築材料は、世界的なGHG排出の主な原因となっている。コンクリートの原料であるセメントの生産は、世界のCO2排出量の約8%を占めており、1000kgの原料を生産するごとに900kg以上のCO2が発生する。

Carbon Upcyclingは、建材会社のCRHとCEMEXとの間で、それぞれカナダと英国でのプロジェクトで、セメント工場での炭素回収と利用を統合した初のソリューションの商業展開が決定している。

CRH VenturesとCEMEX Venturesは、Clean Energy Ventures、Amplify Capital、Oxy Low Carbon Venturesとともに本資金調達に参加した。

【参照ページ】
(原文)Cemex increases its investment in innovative carbon tech company
(日本語参考訳)クリーンテックのスタートアップCarbon Upcycling、セメント脱炭素ソリューション展開に向け2,600万ドルを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る