マッコーリー、SAFプラットフォームSkyNRGに280億円超を投資

マッコーリー、SAFプラットフォームSkyNRGに280億円超を投資

11月16日、マッコーリー・アセット・マネジメントは、持続可能な航空燃料(SAF)メーカーであるSkyNRGに最大1億7,500万ユーロ(約280億円)の初期投資を行うことを発表した。

SAFは、現在世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2〜3%を占める航空産業の脱炭素化を支援する重要な手段のひとつと考えられている。航空会社が気候変動目標を達成するための重要な解決策の一つとしてSAF技術に注目し、また各国政府が脱炭素化の野望を達成するためにSAFの使用拡大を義務付け始めたことで、SAFの需要は今後数年間で劇的に増加すると予想されている。例えば、EUは最近、SAFの最低使用量を義務付ける法律の採択を発表し、2050年までに混合燃料の70%まで増加させる予定である。

2010年に設立されたアムステルダムを拠点とするSkyNRGは、航空部門が2050年のネット・ゼロ公約を達成できるよう、SAFの構築を目指している。同社は2011年、共同設立者であり株主でもあるKLMオランダ航空が運航する民間便に世界で初めてSAFを供給し、現在までに世界40社以上の航空会社にSAFを供給している。SkyNRGは、2030年までにヨーロッパとアメリカにSAF専用施設を建設し、戦略的引取パートナーと協力することを検討している。

本投資は、マッコーリーのグリーン投資専門チーム(MAM Green Investments)が主導し、マッコーリーGIGエナジー・トランジション・ソリューションズ(MGETS)ファンドを通じて行われた。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management invests in a leading SAF platform SkyNRG
(日本語参考訳)マッコーリー、SAFプラットフォームSkyNRGに280億円超を投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る