Salesforce、「Net Zero Cloud 2.0」の世界展開を発表

Salesforce、「Net Zero Cloud 2.0」の世界展開を発表

2月16日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、温室効果ガス排出量データの追跡・分析・レポートソリューションの最新版であるNet Zero Cloud 2.0の世界展開を発表した。これは、組織のネット・ゼロ戦略の計画、実施、加速を支援することを目的としている。また「Trust」「Customer Success」「Innovation」「Equality」といった既存のコアバリューに「Sustainability」を追加したことも発表した。

Salesforceは当初、2019年にSustainability Cloud(現在はNet Zero Cloudに名称変更)をリリースし、二酸化炭素排出量を削減するために、信頼できる環境データを追跡・分析・報告する機能を備えプラットフォームの提供を目指していた。同社は2021年9月にNet Zero Cloud 2.0を発表し、Slackとの統合によりサプライヤーとのより良い連携が可能になったことに加え、カーボンオフセット・エコシステムや業界固有の気候行動計画などの新機能を提供する。

Net Zero Cloud 2.0は、組織がカーボンフットプリントの進捗を予測し、「what-if」分析を行ってネットゼロへの最短経路を見つけること、Science Based Targetsイニシアチブ(SBTi)に沿った目標を設定すること、サプライチェーン全体でサプライヤーから発生するスコープ3排出を追跡することに加え、有害・無害廃棄物管理データと埋め立て・堆肥化・燃焼といった処理方法を追跡できるようにする。

Salesforceでは、アクセンチュア、KPMG、Orion Global Solutions、PwC、Slalom、Traction on Demandなどのコンサルティングパートナーが、さまざまな分野の顧客へのNet Zero Cloudを導入を進めているとしている。

またSalesforceによると、サステナビリティを会社のコアバリューの一つとして採用することで、社内のあらゆる組織が会社のビジョン、価値観、方法、障害、対策(V2MOM)管理プロセスに沿い、サステナビリティを統合して会社全体で気候変動対策を推進する。

【参照ページ】
(原文)Salesforce Establishes Sustainability as a Core Company Value; Launches Net Zero Cloud 2.0 Globally
(日本語訳)Salesforce、「サステナビリティ」を企業価値の中核に据え、「Net Zero Cloud 2.0」の世界展開を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る