Iberdrola、マサチューセッツ州での洋上風力発電開発に1.1兆円超の投資を決定

Iberdrola社、マサチューセッツ州での洋上風力発電開発に100億ドル超の投資を決定

2月16日、世界的なエネルギー・電力事業者であるIberdrolaは、マサチューセッツ州の3つの洋上風力発電施設の開発に100億ドル(1.1兆円)以上を投資する計画を発表した。

Iberdrolaの会長であるイグナシオ・ガランは、マサチューセッツ州知事のチャーリー・ベーカーとの会談でこの投資計画を発表し、2020年から2025年の間に米国における再生可能エネルギー発電能力を2倍にするという同社の目標を説明した。

Iberdrolaとその過半数出資の米電力会社Avangridは、マサチューセッツ州の3つのプロジェクトで280万kWの洋上風力発電と、カナダから水力発電を輸送する容量120万kWの連系線の開発を進めている。Iberdrola社によると、これらのプロジェクトを合わせると同州の電力需要の35%をクリーンエネルギーで賄うことができるという。

加えて、Iberdrolaはマーサズ・ヴィンヤード海岸の南15マイルの沖合で、80万kWのプロジェクト「Vineyard Wind One」の建設を開始した。本プロジェクトの稼動により年間160万トン以上のCO2排出を抑制できる。またAvangridは直近マサチューセッツ州のコモンウェルス・ウィンド洋上風力発電所を受注した。このプロジェクトは、40億ドルの投資を伴う1,232MWのプロジェクトだ。

今回の発表は、2020年後半に開始したIberdrolaの資本計画に沿ったもので、今後数年間にわたる再生可能エネルギーへの大規模な投資が含まれており、同社は2025年までに再生可能エネルギーの容量の倍増を見込んでいる。本投資計画は、主にスペイン、英国、米国の市場に焦点を当てたものであり、今後10年間で1500億ユーロの投資を行い、再生可能エネルギーの容量を3倍、ネットワーク資産を2倍にすることを目標としている。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola to invest more than 10 billion dollars in Massachusetts
(日本語訳)Iberdrola社、マサチューセッツ州での洋上風力発電開発に100億ドル超の投資を決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る