Iberdrola、マサチューセッツ州での洋上風力発電開発に1.1兆円超の投資を決定

Iberdrola社、マサチューセッツ州での洋上風力発電開発に100億ドル超の投資を決定

2月16日、世界的なエネルギー・電力事業者であるIberdrolaは、マサチューセッツ州の3つの洋上風力発電施設の開発に100億ドル(1.1兆円)以上を投資する計画を発表した。

Iberdrolaの会長であるイグナシオ・ガランは、マサチューセッツ州知事のチャーリー・ベーカーとの会談でこの投資計画を発表し、2020年から2025年の間に米国における再生可能エネルギー発電能力を2倍にするという同社の目標を説明した。

Iberdrolaとその過半数出資の米電力会社Avangridは、マサチューセッツ州の3つのプロジェクトで280万kWの洋上風力発電と、カナダから水力発電を輸送する容量120万kWの連系線の開発を進めている。Iberdrola社によると、これらのプロジェクトを合わせると同州の電力需要の35%をクリーンエネルギーで賄うことができるという。

加えて、Iberdrolaはマーサズ・ヴィンヤード海岸の南15マイルの沖合で、80万kWのプロジェクト「Vineyard Wind One」の建設を開始した。本プロジェクトの稼動により年間160万トン以上のCO2排出を抑制できる。またAvangridは直近マサチューセッツ州のコモンウェルス・ウィンド洋上風力発電所を受注した。このプロジェクトは、40億ドルの投資を伴う1,232MWのプロジェクトだ。

今回の発表は、2020年後半に開始したIberdrolaの資本計画に沿ったもので、今後数年間にわたる再生可能エネルギーへの大規模な投資が含まれており、同社は2025年までに再生可能エネルギーの容量の倍増を見込んでいる。本投資計画は、主にスペイン、英国、米国の市場に焦点を当てたものであり、今後10年間で1500億ユーロの投資を行い、再生可能エネルギーの容量を3倍、ネットワーク資産を2倍にすることを目標としている。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola to invest more than 10 billion dollars in Massachusetts
(日本語訳)Iberdrola社、マサチューセッツ州での洋上風力発電開発に100億ドル超の投資を決定

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る