アリババ等5社が「Low Carbon Patent Pledge」に参加 気候変動対策を加速

4月22日、UPS、Lenovo、Alibaba、VIAVI Solutions、Ant Groupの5社は「Low Carbon Patent Pledge」への参加を発表した。「Low Carbon Patent Pledge」は2021年のアースデイに、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Microsoft、Meta(旧Facebook)が立ち上げたもので、低炭素技術の推進と共同イノベーションの促進を目的としている。

上記の企業が特許を取得することで、誓約書の適用範囲が広がり、低炭素エネルギー源の導入と利用を支援することができる。これまでに500件以上の特許が誓約されている。本誓約は、企業がより多くの特許を追加し、様々な企業がより多くの特許を追加することで、成長するように設計されている。

【参照ページ】
(原文)Low carbon patent pledge
(日本語訳)低炭素特許の誓約

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る