アリババ等5社が「Low Carbon Patent Pledge」に参加 気候変動対策を加速

4月22日、UPS、Lenovo、Alibaba、VIAVI Solutions、Ant Groupの5社は「Low Carbon Patent Pledge」への参加を発表した。「Low Carbon Patent Pledge」は2021年のアースデイに、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Microsoft、Meta(旧Facebook)が立ち上げたもので、低炭素技術の推進と共同イノベーションの促進を目的としている。

上記の企業が特許を取得することで、誓約書の適用範囲が広がり、低炭素エネルギー源の導入と利用を支援することができる。これまでに500件以上の特許が誓約されている。本誓約は、企業がより多くの特許を追加し、様々な企業がより多くの特許を追加することで、成長するように設計されている。

【参照ページ】
(原文)Low carbon patent pledge
(日本語訳)低炭素特許の誓約

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る