WEFとCAICT、都市を変革するデジタル・ツイン技術の加速を目指し協働

4月20日、世界経済フォーラム(WEF)は4月20日、中国信息通信研究院(CAICT)と協働で、デジタルツイン技術と都市設計に関する報告書を発表した。

本報告書によると、デジタルツイン技術は、都市生活を改善し、より弾力的な都市を可能にする鍵であるという。本パートナーシップは、物理世界のデジタルモデルに関連する、データの品質とセキュリティという予期せぬ課題への対処にも役立つ。

本報告書「Digital Twin Cities」は、都市におけるデジタルツイン技術の開発と利用を加速させるために、官民の関係者を結集した複数年にわたる協力関係の最初の成果である。本報告書は、世界各地の事例をもとに作成されており、また、新しいデジタルツールやアプリケーションに関する能力や専門性を高めるためのワークショップも開催される予定である。

デジタルツインの課題には、技術がまだ発展途上であること、プラットフォームモデルの標準化の欠如、都市の組織構造と管理システムの再適応の必要性、データセキュリティとプライバシー保護のリスクなどがある。

デジタルツイン技術の可能性を引き出すために、WEFとCAICTのパートナーシップは、次の2つの報告書で洗練される以下5つの重点分野を特定した。

1.日付の品質とセキュリティの保証
2.採用のための技術的な敷居を下げる
3.イノベーションへの取り組み
4.工業規格の洗練
5.ビジネスモデルの開発

【参照ページ】
(原文)New Partnership Aims to Accelerate Digital Twin Technology to Transform Cities
(日本語訳)都市を変革するデジタル・ツイン・テクノロジーの加速を目指す新しいパートナーシップ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る