WEFとCAICT、都市を変革するデジタル・ツイン技術の加速を目指し協働

4月20日、世界経済フォーラム(WEF)は4月20日、中国信息通信研究院(CAICT)と協働で、デジタルツイン技術と都市設計に関する報告書を発表した。

本報告書によると、デジタルツイン技術は、都市生活を改善し、より弾力的な都市を可能にする鍵であるという。本パートナーシップは、物理世界のデジタルモデルに関連する、データの品質とセキュリティという予期せぬ課題への対処にも役立つ。

本報告書「Digital Twin Cities」は、都市におけるデジタルツイン技術の開発と利用を加速させるために、官民の関係者を結集した複数年にわたる協力関係の最初の成果である。本報告書は、世界各地の事例をもとに作成されており、また、新しいデジタルツールやアプリケーションに関する能力や専門性を高めるためのワークショップも開催される予定である。

デジタルツインの課題には、技術がまだ発展途上であること、プラットフォームモデルの標準化の欠如、都市の組織構造と管理システムの再適応の必要性、データセキュリティとプライバシー保護のリスクなどがある。

デジタルツイン技術の可能性を引き出すために、WEFとCAICTのパートナーシップは、次の2つの報告書で洗練される以下5つの重点分野を特定した。

1.日付の品質とセキュリティの保証
2.採用のための技術的な敷居を下げる
3.イノベーションへの取り組み
4.工業規格の洗練
5.ビジネスモデルの開発

【参照ページ】
(原文)New Partnership Aims to Accelerate Digital Twin Technology to Transform Cities
(日本語訳)都市を変革するデジタル・ツイン・テクノロジーの加速を目指す新しいパートナーシップ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る