MSCI、企業の脱炭素目標を評価する枠組み発表

MSCI、企業の脱炭素目標を評価する枠組み発表

世界の機関投資家の重要な投資判断を支援するツールとサービスを提供しているMSCIは、ネットゼロ目標を含む企業の脱炭素目標を評価するための新たな枠組み「MSCIターゲット・スコアカード」を発表した。

同社は、MSCIターゲット・スコアカードを活用することで機関投資家は、企業の気候変動に対するコミットメントを比較することができ、現実的な脱炭素目標を掲げている企業を特定することが可能になるとしている。 

MSCIターゲット・スコアカードでは3つの重要な側面

  • 包括性 – 公表されている脱炭素目標が企業の総排出量のうちどの程度を削減対象としているか
  • 目標の高さ – 脱炭素目標がどの程度の排出量を、どの時間軸で削減しようとしているか
  • 実行性 – 脱炭素目標の実行性と企業の目標達成に向けた進捗度合

から企業の気候目標を評価する。

【参照ページ】Who has the most robust carbon target –
ExxonMobil or Chevron? MSCI develops first of its kind framework to assess companies’
decarbonization and net-zero climate targets

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る