KKRとOnex、生態系再生企業RESに投資

KKRとOnex、生態系再生企業RESに投資

2月7日、生態系の修復を行うResource Environmental Solutions(RES)は、大手プライベート・エクイティ投資家のOnexとKKRから大規模な投資を受けたことを発表した。KKRは既存投資家として、Onexは新たな投資家として本投資に参画した。

この投資は、経営陣とのパートナーシップのもと、RESの継続的な成長と発展を支援するために行う。また、本取引は、慣習的な条件と規制当局の承認を条件として第1四半期に完了する見込みである。本取引の財務的な詳細は現時点では開示されていない。

RESは、「現代社会のために、プロジェクトごとに回復力のある地球を取り戻す」という使命を掲げ、環境緩和、雨水、水質、気候や洪水の回復力のためのソリューションを提供しており、生態系の向上を実現するために設計した事業モデルを活用している。同社は、環境バランスを維持する場所を設計、建設、維持し、損なわれた生態系を健全な状態に戻し、最終的には自給自足できるようにすることを目指している。

【参照ページ】
(原文)RES to Receive New Investment from Onex Partners and Continued Investment from KKR
(日本語訳)KKRとOnexが生態系再生企業RESに投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る