ナスダック、AIを活用したESGデータ・プラットフォームを発表

ナスダック、AIを活用したESGデータ・プラットフォームを発表

11月29日、資本市場テクノロジーおよび取引所企業のナスダックは、企業や投資家が数千社に及ぶESGデータをナビゲートし、活用できるよう支援することを目的とした、AIを搭載した新しいSaaSプラットフォーム「ナスダック・サステナブル・レンズ」のローンチを発表した。

ナスダックによると、新プラットフォームは、9,000社以上の企業の文書へのアクセスをユーザーに提供し、サステナビリティ関連の開示を要約し、ステークホルダーの質問に信頼できる形で回答することを可能にするほか、手作業による調査の代わりに、AIを搭載したESGアシスタントとして機能し、新しい報告基準や他社に対する開示のベンチマークを行うことができる。

新プラットフォームの主な機能には、チャットや要約を通じて質問に対する回答を提供する機能、同業他社やセクター全体のESGトレンドを監視する機能、自然言語検索ツールを使用して数千のサステナビリティ報告書や財務報告書をナビゲートする機能、同業他社に対する開示のベンチマーク、サステナビリティの主張の裏付け、規制や枠組みとのESG報告の整合性を評価する機能などがある。

ナスダックは今回の発表に伴い、新プラットフォームを活用して7,200社のサステナビリティ開示を分析した調査結果について概説し、CSRDやISSB、SECの気候変動ルール案に沿った気候関連の開示を現在行っている企業は全体の44%にとどまる一方、CSRDやISSBに沿った人的資本の開示を行っている企業は全体の75%に上ることを明らかにした。

【参照ページ】
Enhance Decisions, Productivity & Credibility with Sustainable Lens™

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る