メルク、2025年から欧州で使用する電力の100%を再生可能エネルギーでまかなう

メルク、2025年から欧州で使用する電力の100%を再生可能エネルギーでまかなう

11月2日、ヘルスケア、ライフサイエンス、エレクトロニクス企業のメルクは、欧州連合(EU)およびスイスで現在購入している電力の100%を2025年から再生可能エネルギーで賄うと発表した。

同社は、マトリックス・リニューアブルズおよびレナンティスと、年間合計約300ギガワット時(GWh)の再生可能エネルギーについて、10年間の(VPPA)契約を締結した。これは、2022年にメルクが全世界で購入する全電力のほぼ3分の1に相当する。

メルクによると、新しいVPPAは、2040年までに気候変動に左右されない企業になるというメルクの目標にとって重要なマイルストーンとなる。

新しい10年契約の下、メルクは2025年以降、スペインの5つの事業所で発電される太陽光発電と風力発電を組み合わせて利用する。契約上合意された電力のうち約200GWhは太陽光発電所から、残りの100GWhは風力発電所から供給される。メルクは、EUとスイスの全拠点において、ライフサイエンス、ヘルスケア、エレクトロニクスの3つの事業部門で2022年に購入する電力を完全にカバーするのに十分なエネルギー証書を受け取ることになる。

この契約は、全世界の購入電力の80%を再生可能エネルギーで賄うというメルクの目標もサポートする。近年、メルクは売上高第2位の北米で、複数の仮想電力購入契約(VPPA)を締結している。そこでは、2024年には電力消費量の90%を再生可能エネルギーで賄う予定だ。ヨーロッパの新しい仮想電力購入契約により、2025年以降、再生可能エネルギーがメルク全体の購入電力の約70%をカバーする見込みである。

さらにメルクは、自社の事業所でも再生可能エネルギーへの投資を進めている。2022年には、米国ウィスコンシン州シボイガンに約7,000枚の太陽電池モジュールを設置した。これにより、年間約4GWhが電力網に供給される。ENTEGAとの協力により、ダルムシュタット本社の屋上太陽光発電システムとゲルンハイムの太陽光発電パークが現在建設中である。これらのプロジェクトは2023年末までに完了する予定で、年間最大7.6GWhの電力を発電する予定である。2023年9月、メルクはスペインのモレ・デル・バジェスにある製造拠点に太陽光発電所を開設した。年間最大2.8GWhのグリーン電力を発電する予定である。

【参照ページ】
(原文)Renewable Energy to Cover 100% of Current Electricity Purchases in Europe by Merck KGaA, Darmstadt, Germany, from 2025

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る