サウスウエスト、持続可能な航空燃料を最大6億8000万ガロン購入する契約を締結

サウスウエスト、木くずを原料とする持続可能な航空燃料を最大6億8000万ガロン購入する契約を締結

11月2日、サウスウエスト航空は、再生可能燃料開発会社のUSAバイオエナジーと、2028年から20年間で最大6億8000万ガロンの持続可能な航空燃料(SAF)を購入するオフテイク契約を締結したと発表した。

サウスウエストによると、この新しい契約により、契約期間中に3,000万トンのCO2排出が回避されるという。

この契約は、サウスウエストにとって過去数年間における一連のSAF購入契約の中で最新のもので、ヴェロシス、ネステ、マラソン・ペトロリアム、フィリップス66社を含むプロバイダーとの契約である。昨年、サウスウエストは、低コストでSAFを製造する技術の試験的導入と商業化を目的とするSAFFiRE Renewablesにも投資し、拡張可能なSAFを開発・製造するためのエネルギー省(DOE)の支援プロジェクトの一環として設立された。サウスウエスト航空は、2030年までにジェット燃料消費量の10%をSAFに置き換えるという目標を掲げている。

アリゾナ州を拠点とするUSAバイオエナジーは、持続可能な木材廃棄物を再生可能ディーゼル、SAF、ナフサに変換することに特化した高度バイオリファイナリーを開発している。同社によると、同社の再生可能燃料は、従来の化石燃料に比べて排出量を80%削減する。

新たな契約により、USAバイオエナジーはテキサス州ボン・ウィアー近郊の施設からサウスウエストにSAFを供給する。また、両社は長期的な戦略的関係も発表しており、サウスウエストは今後計画される生産施設から年間1億8,000万ガロンまでのSAFを購入することができる。

【参照ページ】
(原文)Southwest Airlines Signs Agreement With USA BioEnergy To Purchase Up To 680 Million Gallons Of Sustainable Aviation Fuel
(日本語参考訳)サウスウエスト航空、USAバイオエナジー社と持続可能な航空燃料を最大6億8000万ガロン購入する契約を締結

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る