サウスウエスト、持続可能な航空燃料を最大6億8000万ガロン購入する契約を締結

サウスウエスト、木くずを原料とする持続可能な航空燃料を最大6億8000万ガロン購入する契約を締結

11月2日、サウスウエスト航空は、再生可能燃料開発会社のUSAバイオエナジーと、2028年から20年間で最大6億8000万ガロンの持続可能な航空燃料(SAF)を購入するオフテイク契約を締結したと発表した。

サウスウエストによると、この新しい契約により、契約期間中に3,000万トンのCO2排出が回避されるという。

この契約は、サウスウエストにとって過去数年間における一連のSAF購入契約の中で最新のもので、ヴェロシス、ネステ、マラソン・ペトロリアム、フィリップス66社を含むプロバイダーとの契約である。昨年、サウスウエストは、低コストでSAFを製造する技術の試験的導入と商業化を目的とするSAFFiRE Renewablesにも投資し、拡張可能なSAFを開発・製造するためのエネルギー省(DOE)の支援プロジェクトの一環として設立された。サウスウエスト航空は、2030年までにジェット燃料消費量の10%をSAFに置き換えるという目標を掲げている。

アリゾナ州を拠点とするUSAバイオエナジーは、持続可能な木材廃棄物を再生可能ディーゼル、SAF、ナフサに変換することに特化した高度バイオリファイナリーを開発している。同社によると、同社の再生可能燃料は、従来の化石燃料に比べて排出量を80%削減する。

新たな契約により、USAバイオエナジーはテキサス州ボン・ウィアー近郊の施設からサウスウエストにSAFを供給する。また、両社は長期的な戦略的関係も発表しており、サウスウエストは今後計画される生産施設から年間1億8,000万ガロンまでのSAFを購入することができる。

【参照ページ】
(原文)Southwest Airlines Signs Agreement With USA BioEnergy To Purchase Up To 680 Million Gallons Of Sustainable Aviation Fuel
(日本語参考訳)サウスウエスト航空、USAバイオエナジー社と持続可能な航空燃料を最大6億8000万ガロン購入する契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る