AMCS、ESGソフトウェア・プラットフォームFigBytesを買収

AMCS、ESGソフトウェア・プラットフォームFigBytesを買収

10月31日、環境ソフトウェア・ソリューション・プロバイダーのAMCSは、ESGデータと報告プラットフォームのプロバイダーであるFigbytesの買収を発表した。

オタワを拠点とするFigBytesは、共同設立者のSonam Devgan氏とTed Dhillon氏によって2014年に設立され、炭素会計や気候変動対策から、水への影響、サプライチェーン活動まで、企業がESGに関する目標を計画、追跡、報告できるよう支援している。

取引の詳細は明らかにされていない。2022年12月、FigBytesは、既存投資家のQuantum Innovation Fundからの1,000万ドル(約15億円)の資金調達と、Silicon Valley Bankからの450万ドル(約6億円)の借入枠を含む、1,450万ドル(約21億円)の資金調達を確保したと発表した。

AMCSは昨年、ESGと環境安全衛生・品質に関する欧州のSaaSであるQuenticを買収しており、今回の買収は、ESG領域における2つ目の戦略的な動きとなる。AMCSによると、北米におけるFigBytesの市場プレゼンスは、欧州で確立されたプレゼンスを補完すると同時に、サステナビリティの目標達成と複雑化する規制報告要件の管理を支援するSaaSソリューションで、世界中の顧客により良いサービスを提供することを可能にする。

【参照ページ】
(原文)AMCS Acquires FigBytes to Reinforce its Commitment to ESG Solutions for its Customers Globally
(日本語参考訳)AMCSはFigBytesを買収し、世界中の顧客に対するESGソリューションへの取り組みを強化する。

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る