ハミルトン・レーン、社会・環境インパクトファンドを通じ約230億円を調達

ハミルトン・レーン、社会・環境インパクトファンドを通じ約230億円を調達

プライベート市場向け資産運用会社であるハミルトン・レーンは、最近立ち上げた社会・環境影響に焦点を当てたファンド「ハミルトンレーン・インパクト・ファンドII」の中間決算を発表し、約230億円を調達した。

4月に設立されたインパクト・ファンドIIは、バイアウト、グロース、レイトステージ・ベンチャー、クレジット、リアルアセットなど、地域と戦略を問わず直接投資を行うことを目指しており、変革技術、イノベーション、効率性への投資に重点を置いている。投資対象は、クリーンエネルギーへの転換、持続可能なプロセス、健康と福祉、地域開発に重点を置く企業だ。

約2億ドルという規模は、2020年7月に9500万ドル超のコミットメントで最終クローズを発表した前身ファンド「インパクト・ファンドI」のすでに2倍以上の規模に達している。

ハミルトン・レーンによると、Impact Fund IIのこれまでの投資先は、さまざまな地域やセクターに及び、オンライン労働力トレーニングと教育、風力タービンエネルギーと貯蔵システムの設計と製造、炭素追跡と管理といった分野が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Hamilton Lane Impact Fund II Holds Interim Close, Bringing Total Commitments to Nearly $200 Million
(日本語訳)ハミルトン・レーン、社会・環境影響力強化ファンドで2億ドルを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る