アルファ・ラバル、クリーンエネルギー転換の機会を捉えるため水素ビジネスユニットを設立

アルファ・ラバル、クリーンエネルギー転換の機会を捉えるため水素ビジネスユニットを設立

11月2日、スウェーデンの工業製品メーカー、アルファ・ラバルが、クリーンエネルギーへの世界的移行から生まれる水素分野のビジネスチャンスを獲得することを目的とした新事業部門、電解槽・燃料電池技術の立ち上げを発表した。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行、特に排出削減が困難で、風力や太陽光などの再生可能エネルギーが実用的でない産業や運輸部門にとって、重要な構成要素の一つと考えられている。

現在、世界全体で約9,400万トンの水素が生産されているが、その大部分は化石燃料を使って採掘されているため、汚染物質や温室効果ガス(GHG)が排出されている。

他の物質から水素を抽出するプロセスに再生可能エネルギーを使用するグリーン水素など、クリーンな水素製造能力を開発するには、インフラ、電解、輸送、貯蔵などの分野に大規模な投資が必要である。

アルファ・ラバルの新事業部門は、再生可能エネルギーを利用して水を水素と酸素ガスに分解する電解槽と、水素と酸化剤の化学エネルギーを電気化学反応によって電気エネルギーに変換する燃料電池に重点を置く予定である。同社は過去3年間、電解槽と燃料電池の分野で先駆的な製品とソリューションを提供してきたが、今回これらの分野に特化した専門部署を設立するという。

また、熱交換器、燃料電池、電解槽コンポーネントに特化したイノベーションセンターの計画も発表し、これらの分野の技術革新、研究開発、試験に焦点を当て、最大の熱交換器工場があるルンドの本社を拠点とする。アルファ・ラバルは、これらの取り組みに必要なリソースや設備への投資は多大なものになると付け加えた。

新事業部門は、電解槽・燃料電池技術担当社長に任命されたマドレーン・ギルボーンが率いる。ギルボーンは現在、クリーンテクノロジー部門長兼エネルギー部門副社長を務めている。

アルファ・ラバルによると、新事業部門は2024年初頭までに設立され、エネルギー部門の一部を構成する予定である。

【参照ページ】
(原文)Alfa Laval – Capturing the potential in the hydrogen sector
(日本語参考訳)アルファ・ラバル – 水素セクターの可能性を捉える

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る