Interactive Brokers、投資家向けカーボン・オフセット・ツールを提供開始

3月28日、自動売買電子ブローカーであるInteractive Brokersは、社会的意識の高い投資家を対象としたモバイル取引アプリ「IMPACT」を通じて、投資家向けの新しいカーボン・オフセット・ツール「Carbon Offsets」の提供開始を発表した。

このツールは、投資家個人の二酸化炭素排出量削減の支援を目的としている。IMPACTの顧客は、家庭・交通・食品に関する温室効果ガス排出活動を選択するか、またはオフセットする炭素量をドルまたはトン単位で入力することで、利用できる。例えば、航空機での旅行を計画している顧客は、アプリを使ってフライト時間を時間単位で選択し、適切なオフセットを購入が可能だ。

同社は、カーボン・クレジットを調達し、適切な機関で償却することで、投資家はより広範なサステナビリティ目標を達成しながら、二酸化炭素排出量を完全にまたは部分的に削減することができる。さらに、このツールは、アプリと口座明細にカーボンクレジットの排出量を表示するため、顧客はカーボンフットプリント削減の進捗を確認することができる。

【参照ページ】
(原文)IMPACT Release Notes
(日本語訳)IMPACTリリースノート

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る