TrayportとIncubEx、カーボンマーケットプレイスを開始

3月28日、金融商品の設計・開発会社であるIncubExとTMXグループのエネルギー取引ソリューションプロバイダーであるTrayportは、The Voluntary Climate Marketplace(TVCM)の立ち上げを発表した。

TVCMはIncubExが運営し、Trayportのエネルギー市場取引プラットフォームであるJouleが利用する。このマーケットプレイスでは、5つのオフセット登録機関からカーボンオフセットプロジェクトを提供し、参加者はライブビッドとオファーを備えた取引プラットフォーム上でタイプ・ビンテージ・地域・サイズ・価格などの特定の属性を選択することが可能だ。同市場での最初の取引は、3月25日に成功裏に完了した。

温室効果ガスの放出を相殺するカーボン・オフセット・プロジェクトおよび関連クレジットに対する需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想されている。IncubExによると、2021年に初めてボランタリーカーボン市場の想定取引額が全世界で10億ドルを突破したという。

TVCMは、オフセットの買い手と売り手の両方に開放されており、ゴールドスタンダード・Verified Carbon Standard(Verra)・Climate Action Reserve・American Carbon Registry・WCI ARBなどの主要なオフセットレジストリに接続している。

【参照ページ】
(原文)INCUBEX AND TRAYPORT ANNOUNCE THE SUCCESSFUL LAUNCH OF THE VOLUNTARY CLIMATE MARKETPLACE
(日本語訳)INCUBEXとTRAYPORT、自主的な気候マーケットプレイスの立ち上げに成功

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る