デンマーク、エネルギーアイランドの建設と再生可能エネルギーの生産加速 

4月19日、デンマーク政府は、 デンマークと欧州がロシアの化石燃料から独立するため洋上風力のポテンシャルを最大限に引き出し、陸上での再生可能エネルギーの生産を加速させる政策を発表した。ロシアのウクライナ侵攻により、EUは新たな地政学的状況に置かれ、サステナブルなソリューションと再生可能エネルギーの拡大がこれまで以上に急務となっている。

デンマーク政府による暫定的な試算では、北海のデンマーク側で、少なくとも35GWの洋上風力発電が見込まれる。これは、2020年に世界レベルで導入された洋上風力発電の量とほぼ同じ数値である。

デンマークはすでに、北海に世界初のエネルギーアイランド建設を計画している。島の風力発電所から得られるクリーンなエネルギーで、ヨーロッパの1,000万世帯の電力をまかなう予定である。また、バルト海に浮かぶボーンホルム島にも200万kWのエネルギーハブを建設する。

ロシアの化石燃料からの自立は、地域暖房や電気ヒートポンプの導入を拡大することで、天然ガスからの速やかな脱却も意味する。さらに、グリーン税の改正は、産業界におけるガスの段階的な廃止に貢献する。デンマークは、再生可能エネルギーの生産を拡大・前倒しするとともに、北海の天然ガスを供給し、ロシアからの欧州のエネルギー自立を加速する。

【参照ページ】
(原文)Denmark set to build more energy islands and accelerate renewable energy production to secure independence from Russian gas
(日本語訳)デンマーク、エネルギーアイランドの建設と再生可能エネルギーの生産加速。ロシアからのエネルギー自立を目指す

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る