ASIC、Mercerを提訴 グリーンウォッシュの取り締まりを開始

オーストラリア規制当局、Mercerを提訴し、グリーンウォッシュの取り締まりを開始

2月28日、オーストラリアの企業、市場、金融サービス規制機関であるオーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、グリーンウォッシュに対する初の法廷闘争を開始したことを発表し、Marsh McLennanのMercer Superannuationに対して、同社の持続可能な投資オプションの一部について誤った主張を行ったとする訴訟を開始することを発表した。

ASICが発表した連邦裁判所への民事訴訟開始の声明によると、Mercerがウェブサイト上で7つの「サステナブル・プラス」投資オプションについて、石炭など炭素集約型の化石燃料に関わる企業やアルコール製造・賭博に関わる企業を投資対象から外すなどと主張していたと主張している。しかし、規制当局は、これらのオプションを選択した投資家は、BHPグループやグレンコアなどの石炭生産企業を含む複数の化石燃料企業、アルコール生産に関わる15社、ギャンブルに関わる19社に投資していたと指摘している。

ASICは、「Mercerは虚偽で誤解を招くような発言をし、一般大衆を欺くような行為に及んだ」と主張している。

Mercerに対する訴訟は、ASICのジョセフ・ロンゴ委員長が昨年発表した、投資ファンドや金融商品の提供者に対し、規制当局が誤解を招く持続可能性の主張に注意を払っており、ファンドマネージャーや発行者がグリーンウォッシュを行わないよう指針を示していることを受けて行われたものである。

それ以来、規制当局は、Vanguard Investments AustraliaやBlack Mountain Energyなど、いくつかの企業や投資会社に対して、グリーンウォッシングの疑いに対する懸念のため、侵害通知を出している。 Mercerのケースは、グリーンウォッシングの裁判としては初めてのものとなる。

ASICは、裁判所に対して宣言と金銭的な罰則を求めるだけでなく、 Mercerがそのウェブサイト上で誤解を招くとされる記述を続けることを妨げる差止命令と、 Mercerが裁判所によって認められた違反行為を公表することを要求していると述べている。

【参照ページ】
(原文)ASIC launches first Court proceedings alleging greenwashing
(日本語参考訳)ASIC、Mercerを提訴 グリーンウォッシュの取り締まりを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る