LGT Capital、初のインパクトファンドで約735億円の資金を調達

6月16日、オルタナティブ投資のスペシャリストであるLGT Capital(LGTキャピタル・パートナーズ)は、インパクトに焦点を当てた同社初のプライベート・エクイティ投資ファンドであるクラウン・インパクトの最終クローズにおいて、5億5000万ドル(約735億円)を調達したことを発表した。

本ファンドは、気候変動対策、包括的な成長、ヘルスケアといった3つの中核的なインパクトテーマに対して投資を行い、従来のインパクトマネージャーとともに共同投資することに重点を置いている。これらの投資機会は、厳格な投資デューデリジェンスに加え、国連の持続可能な開発目標(SDGs)やその基礎となるターゲットおよび指標との整合性を含む影響評価の対象となる。

クラウン・インパクトは、SFDRの第9条ファンドに分類され、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア、オーストラリアの年金基金、保険会社、寄付財団、ファミリーオフィスなどの投資家からの強い要望に応えている。

【参照ページ】
(原文)LGT closes first dedicated impact fund on $550m after making $1bn impact investments in the past decade
(日本語訳)LGT Capital、初のインパクトファンドで約735億円の資金を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る