BrewDog、醸造廃棄物を電力源とする約20億円のグリーン・エネルギープラントを発表

6月16日、スコットランドのエロンに拠点を置く独立系クラフトビールメーカーであるBrewDog(ブリュードッグ)は、醸造所から出る廃棄物を動力源とするグリーン・エネルギープラントを利用したビール製造と、配送車両の燃料への廃棄物の使用を発表した。

新プラントは、フル稼働した場合7,500トンの排出量を削減し、ビール1hLあたりのCO2排出量を2019年の基準値に対して35%削減する。

新プラントは、使用済み酵母やホップを含む醸造排水を利用して、バクテリアにより消化し、バイオメタンを製造する。嫌気性消化器は、ビール製造工程で毎年発生する2億リットルの廃水の大部分を再利用し、バイオメタンを生成してボイラーを稼働させるための支援となる。この消化器が完全に稼働すると、1時間あたり200立方メートルのバイオメタンが生成され、これは年間23,000MWhのエネルギーに相当する。

余剰のグリーンガスは、配送車の動力源として使用されるほか、送電網に再供給される予定だ。また、消化器から発生するCO2は、ビールの炭酸ガスに利用する予定である。

【参照ページ】
(原文)BrewDog bio-energy: Drinks firm fires up waste-powered green gas plant
(日本語訳)BrewDog、醸造廃棄物を電力源とする1200万ポンドのグリーン・エネルギープラントを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る