ブルームバーグ調査:CSRD報告開始で高まるESGデータフローの管理は投資家の課題

CSRD報告開始で高まるESGデータフローの管理は投資家の課題

3月5日、ビジネスおよび金融市場情報サービスプロバイダーのブルームバーグが発表した新しい調査によると、投資家は、報告された企業のサステナビリティ・データのカバレッジや質の問題への対処、新たな規制によるESG報告要件の結果増大する情報量の管理など、一連のESGデータの課題に直面している。

本調査「欧州ESGデータ動向調査2024」では、ブルームバーグがロンドン、ストックホルム、ジュネーブ、アムステルダム、フランクフルト、パリ、ミラノを含む欧州各国の金融市場参加者200人以上を対象に、ESGデータの優先順位付けや課題、データ管理の課題や慣行に至るまで、ESGデータに関する問題を調査した。

本調査で市場参加者が報告したESGデータに関する主な課題は、報告されたESGデータに関するカバレッジと品質の問題で、3分の2近く(63%)がこれを最大の懸念事項として挙げており、次いで「ESGと代替データの組み合わせ」が13%でダントツの2位だった。

投資家は不完全なデータや質の低いデータを懸念事項として捉えている。調査回答者の41%が、ESGデータ管理の最大の課題は「常に進化する新しいESGデータ・コンテンツ」に対応することであると回答しており、さらに25%がESGデータ・コンテンツを既存のデータ・システムにリンクさせることを最大の課題として挙げている。

本調査では、多くの企業が新たに増加するESGデータの扱い方を決めかねていることが示された。回答者の38%がESGデータを独自のソリューションで一元管理していると回答した一方、回答者の約3分の1(32%)は現在、より分散化されたアプローチでESGデータを管理しており、データは事業部門ごとに個別に管理されていると回答し、20%はESGデータ管理戦略を策定中であると回答した。

【参照ページ】
(原文)Bloomberg Survey Reveals ESG Data Coverage and Management as Top Challenges for Firms in Europe
(日本語参考訳)ブルームバーグ調査、欧州企業の最重要課題はESGデータの収集と管理

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る