EUの規制当局、銀行や資産運用会社におけるグリーンウォッシュのリスク増大を指摘

 

6月4日、欧州の3つの主要な金融規制機関である欧州監督機関(ESAs)が発表した新しいレポートによると、銀行、投資会社、保険会社を含む幅広い金融サービスプロバイダーにおいて、グリーンウォッシュリスクが拡大していることがわかった。ESAには、欧州銀行監督機構(EBA)、欧州保険・職業年金監督機構(EIOPA)、欧州証券市場監督機構(ESMA)が含まれている。

規制当局が特定したグリーンウォッシュリスクの主な原因は、資産運用会社による持続可能性への影響や企業の関与に関する主張、銀行による誤解を招くESGの主張に関連する訴訟リスク、年金・保険プロバイダーによる誤解を招く商品の主張であった。

欧州委員会の要請は、持続可能な投資商品に対する需要と提供の急増を強調し、この成長を「非常にポジティブな傾向」と見なす一方で、グリーンウォッシュのリスクも指摘し、そうした行為が持続可能な金融に対する信頼と、「民間資金を持続可能な投資へと導く金融システム全体の能力」を損なう恐れがあると警告している。

欧州委員会の要請を受け、ESAは、銀行、保険、金融市場の各セクターにおけるグリーンウォッシングのリスクと慣行に関する情報を収集することを目的として、グリーンウォッシングに関する証拠募集を行い、その結果を報告書に反映した。

ESAは報告書の発行と同時に、グリーンウォッシングの作業定義を定め、以下のように記述した:

「持続可能性に関連する声明、宣言、行動、またはコミュニケーションが、企業、金融商品、または金融サービスの基本的な持続可能性プロファイルを明確かつ公正に反映しない慣行をいう。」

市場規制当局のESMAは、「ESG商品に対する需要の高まりと、持続可能であるとみなされる資産の限られたプールとの間のミスマッチ」を指摘し、市場参加者の間で、自社の持続可能性プロファイルを高め、持続可能な商品を製造する競争を促進しているが、場合によっては誤解を招く可能性があるとした。

ESMAは、様々なタイプの市場参加者が高いリスクにさらされる分野を強調した。発行体は将来のESGパフォーマンスに関する誓約やフォワードルッキング情報を通じて、投資運用会社は投資先企業との関わり、ESG戦略やガバナンス、インパクトに関する主張を通じて、そして投資サービスプロバイダーは個人投資家に提供するアドバイスがどの程度サステナビリティを考慮しているかという主張を通じてリスクに直面すると述べた。

また、ESMAは、持続可能な金融商品のラベリングスキームを確立することが有益であると示唆した。2022年11月、ESMAは投資商品のESG特性について投資家が誤解しないようにするため、ファンドのESGまたはサステナビリティ関連用語の使用に関する資産運用会社向けの新しいルールを提案した。

銀行規制当局のEBAは、”グリーンウォッシングの潜在的なケースの総数が明らかに増加している “ことを発見した。規制当局は、グリーンウォッシングのリスクを “銀行では低または中程度”、”投資会社では中または高程度”、”将来的に増加する見込み “と評価した。

EBAの報告書によると、銀行にとっての主要なリスク領域は、訴訟リスクを含む風評や業務上の要因に基づく事業体レベルで最も多く見られ、商品レベルではあまり見られないという。

EBAが指摘した銀行にとっての最も一般的なグリーンウォッシュリスクには、持続可能な取り組みを推進しながら、持続可能でない活動に関する情報を省略しているものがあり、例えば、森林破壊と戦っていると主張しながら、森林破壊活動に関連している可能性のある企業に投資したり、融資活動の脱炭素化について主張しながら石油会社に投資を継続したりしている。

保険・年金規制当局であるEIOPAの報告書は、消費者を欺いて嗜好に合わない商品を購入させるなど、「グリーンウォッシングは保険・年金の消費者に大きな影響を与える」とし、保険会社にとっては事業体レベル、商品製造・配送・管理、年金にとっては制度設計・配送・管理を通じてリスクがあると指摘している。

各規制当局は、グリーンウォッシングのリスクに対処し、監視するための監督上の枠組みを開発・管理する上で同様の課題を指摘し、特に正確なデータと方法論を開発する必要性を指摘した。

報告書の公表後、ESAは2024年5月にグリーンウォッシング調査の最終報告書を公表し、規制枠組みの変更の可能性を含む勧告を検討すると述べる。

【参照ページ】
(原文)EU slams banks’ rising greenwashing practices
(日本語訳)EU、銀行によるグリーンウォッシュの増加を非難

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る