SASB、3業界の基準改訂版を発表

SASB、3業界の基準改訂版を発表

12月4日、SASB Standards Boardは、SASBスタンダードの最初の改訂版を発表した。今回の改訂は、①金属・鉱業、②石炭事業、③資産管理・証券保管業務の3つの業界に焦点を当てている。

今回の改訂では、2つの業界(金属・鉱業、石炭事業)に含まれる開示項目が拡大され、3つ目の業界(資産運用・資産管理活動)に含まれる開示項目が縮小された。

SASBスタンダードは77の産業に合わせて作られている。すべての持続可能性の問題が各業界に等しく影響するわけではなく、同じ持続可能性の問題でも業界によって現れ方が異なるため、業界別のアプローチが採用されている。

今回、金属・鉱業、石炭事業で開示項目が増えたのは、250人以上が死亡、環境に甚大な被害をもたらしたブラジルのブルマディーニョにある鉱滓貯蔵施設の事故が影響している。
この事故の後、投資家から尾鉱管理の透明性向上を求める声が高まり、業界が尾鉱施設管理の水準を高めようと努力していることから、SASB基準委員会は、尾鉱施設が一般的に使用されている2つの業界でこの問題のカバー率を向上させる必要があると判断した。

一方で、「資産運用・証券保管業務」の開示項目では、流動性リスクや、融資・金融取引を通じた企業間の相互関係が取り上げられてたが、著名な業界規制の変更や企業からのフィードバックにより、このトピックが投資家にとって特に関連性の高いものではない可能性が示唆されていたため今回開示項目の削除となった。

【参照ページ】
(原文)SASB Standards Board Issues Updates to Coal Operations, Metals & Mining and Asset Management Industry Standards
(日本語訳)SASB基準委員会が石炭操業、金属・鉱業、資産管理の業界基準の更新を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る