Lombard OdierとSystemiq、新しいサステナブル投資プラットフォームを立ち上げ

 

6月6日、グローバルな富裕層・資産運用会社であるLombard Odier Investment Managers(LOIM)とサステナビリティに特化したシステム設計・開発のSystemiqは、LOIM内に新たなサステナビリティ投資プラットフォーム「holistiQ Investment Partners」を立ち上げるためのパートナーシップを発表した。

2016年に設立されたSystemiqは、エネルギー、自然・食品、素材、建築環境、金融の5つの主要システムを変革し、私たちの生活や働き方を向上させることに注力している。同社は、政策や商習慣の再構築を支援するアドバイザリーサービスを提供するほか、持続可能な移行にフォーカスしたアーリーステージビジネスのインキュベーションや投資も行っている。パリ協定と持続可能な開発目標を支援するために設立された同社は、Bコーポレーションとして認定されている。

両社によると、今回の提携により、LOIMの資産運用・投資に関する専門知識と、Systemiqの経済システム変革に関する深い分析的理解と専門知識が融合することになる。

新しいプラットフォームは、エネルギー、陸・海洋、素材などの主要な経済システムの変革に焦点を当て、経済転換のスピードと規模によって引き起こされる投資機会を捉えることを目指す。本プラットフォームは、公共および民間市場にまたがる多様な投資戦略スイートを提供することを目指し、自然ベースのソリューションに関する専用の柱を含む予定である。

holistiQは、SystemiqのマネージングパートナーであるTaraneh Azadと、Lombard Odierのマネージングパートナーで資産運用事業を担当するJean-Pascal Porcherotによって運営される。本研究主導型プラットフォームでは、100人以上のプロフェッショナルが、科学的根拠に基づく研究を高度な投資戦略に転換することに取り組んでいる。

【参照ページ】
(参考記事)Lombard Odier IM and Systemiq team up to launch sustainable investment platform

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る