イベルドローラ、自然ベースの炭素削減プロジェクト開発事業を開始

イベルドローラ、自然ベースの炭素削減プロジェクト開発事業を開始

8月14日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるイベルドローラは、Carbon2Nature(C2N)の設立を発表した。Carbon2Natureは、炭素排出をなくし、生物多様性を向上させるために、自然をベースとしたインパクトの大きいソリューションを開発し、顧客に質の高い炭素クレジットを提供することを目的とした新会社である。

Carbon2Natureは、生態系の劣化による排出を回避し、炭素隔離に貢献する自社プロジェクトや共同プロジェクトの開発を推進し、環境的・社会的利益を促進することで、高品質の炭素クレジットを創出する。

同社によると、C2Nは、森林や沿岸生態系、農業用土壌など10万ヘクタール以上の生態系保全・回復プロジェクトを通じて、6,100万トン以上のCO2を自然吸収源に回収・貯留することを見込んでいる。

新会社の事業計画は、イベルドローラが存在する地域に焦点を当て、中南米諸国がプロジェクトの約80%を、スペイン、英国、ポルトガルを含む北半球諸国が残りの20%を担当する。同社によると、すでにブラジル、メキシコ、コロンビア、チリ、スペインでプロジェクト開発に取り組んでいる。

新会社の設立は、イベルドローラが昨年発表した、2040年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを達成するという目標や、2030年までに事業を展開する地域の生態系や生物種にプラスの影響を与えるという誓約を盛り込んだ生物多様性計画の発表など、一連の環境サステナビリティに関する公約に続くものである。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola launches Carbon2Nature to reduce the global carbon footprint through nature-based solutions
(日本語参考訳)イベルドローラ、自然ベースの炭素削減プロジェクト開発事業を開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る