イベルドローラ、自然ベースの炭素削減プロジェクト開発事業を開始

イベルドローラ、自然ベースの炭素削減プロジェクト開発事業を開始

8月14日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるイベルドローラは、Carbon2Nature(C2N)の設立を発表した。Carbon2Natureは、炭素排出をなくし、生物多様性を向上させるために、自然をベースとしたインパクトの大きいソリューションを開発し、顧客に質の高い炭素クレジットを提供することを目的とした新会社である。

Carbon2Natureは、生態系の劣化による排出を回避し、炭素隔離に貢献する自社プロジェクトや共同プロジェクトの開発を推進し、環境的・社会的利益を促進することで、高品質の炭素クレジットを創出する。

同社によると、C2Nは、森林や沿岸生態系、農業用土壌など10万ヘクタール以上の生態系保全・回復プロジェクトを通じて、6,100万トン以上のCO2を自然吸収源に回収・貯留することを見込んでいる。

新会社の事業計画は、イベルドローラが存在する地域に焦点を当て、中南米諸国がプロジェクトの約80%を、スペイン、英国、ポルトガルを含む北半球諸国が残りの20%を担当する。同社によると、すでにブラジル、メキシコ、コロンビア、チリ、スペインでプロジェクト開発に取り組んでいる。

新会社の設立は、イベルドローラが昨年発表した、2040年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを達成するという目標や、2030年までに事業を展開する地域の生態系や生物種にプラスの影響を与えるという誓約を盛り込んだ生物多様性計画の発表など、一連の環境サステナビリティに関する公約に続くものである。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola launches Carbon2Nature to reduce the global carbon footprint through nature-based solutions
(日本語参考訳)イベルドローラ、自然ベースの炭素削減プロジェクト開発事業を開始

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る